スポンサーリンク

【Google Analytics】解析結果が突然機能しなくなったらまずはココをチェック!

 Google Analyticsを導入しているのですが、訪問者数がある日からずっとゼロ更新になる現象が起こっていました。

 もともと深く解析とかする気があまりなかったので(解析するほどのアクセス数がないので)放っておいたのですが、いつまで経っても直らないので、昨日から理由を追求していました。

 その結果、結構しょうもない理由だったことが判明し対策は完了したのですが、わりと起こりうる、気づきにくいミスだったので、第二第三の被害者が出ないよう備忘録として書いておこうと思います。

Google Analytics

Google Marketing Platform - Unified Advertising and Analytics
Introducing Google Marketing Platform, a unified marketing and analytics platform for smarter marketing measurement and better results.

Search Consoleいわく、アクセスはある

 「そもそも本当に1人も訪問してないのでは?」という可能性も否定できないのですが、その仮説はGoogle Search Consoleにてある検索ワードから自サイトへ訪問している履歴があったので棄却されました。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)

Google Webmasters - Resources to Track Website & Search Performance
You want to be found and we want to help. Track your site's search performance with Google Search Console and our additional webmaster resources.
スポンサーリンク

本題

「フィルタ」によって、誰も彼も弾かれていた!

 「フィルタ」機能は、解析対象にしたくない人やプロバイダーのアクセスをカウントしないようにするための機能です。

 自分自身や、所属の会社などの「関係者」を弾くために使用するのが主です。

 そのフィルタ機能の設定を間違えて「自分しか解析対象にしない」という設定にしていたことが判明しました。

「フィルタの種類」を要チェック

 フィルタ機能は、「ビュー」の項目の中にあります。


Analyticsの管理画面


作成したフィルタ一覧(1個のみ)

 作成済みのフィルタの編集画面に入り、「フィルタの種類」(定義済み)に注目です。


フィルタの種類(定義済み)は「除外」と「右のみを含む」の選択制

 「除外」が選択されていると、入力された条件(図ではIPアドレス)のみを弾くので問題ないのですが、これが「右のみを含む」になっていたら要注意です。

 右のみを含む…つまり指定した条件「しか」解析対象にしないということになってしまいます。

 要は…僕はここの設定で誤って「右のみを含む」を選択して自分のIPアドレスを入力していたため、「自分のIPのみを解析対象にして、外部からのアクセスを一切カウントしてなかった」ことが、Analytics機能不全に陥っていた原因であることが分かりました。

対策内容(チェック内容)

①「ビュー」の中にあるフィルタよりフィルタの編集画面に入る

②フィルタの種類を確認する

③自身(自社etc.)からのアクセスを弾く目的のフィルタの種類が「右のみを含む」になってないか確認する

「右のみを含む」になっていたら「除外」に設定し直す

「昔の自分(のIPアドレス)のみを解析対象する状態」というクレイジー設定

 「自分のみが対象となっていたのなら、自分自身がアクセスした分は反映されるだろ?(常時ゼロってことはないだろ)」って話なのですが、IPはルーターの再起動などの要因で時々変更されることがあります。

 フィルタに設定した当時のIPと今のIPが変わっており、結果的に唯一対象だった自分自身すら解析対象外となり、そして誰もカウントされなくなった…というのが事の顛末です。

対策後

 外部からのアクセスが記録されるようになりました。ひとまずOKです。


対策前の過去7日間、カウントされてない


対策実施から数時間後の当日データ、カウントされ始めた

余談

自分自身のIPアドレスをチェックできるサイト

 「確認くん」というページにアクセスすると、自身の今のIPアドレスを確認できます。

 「あなたのIPアドレス(IPv4)」の項目がIPアドレスです。

確認くん

Google Tag Manager?

 原因を探している途中に、「Google Tag Managerを入れてないからや」みたいなページに行き着きました。

 タグマネージャーはhead領域に増えていく様々な目的で設置したタグの管理を目的としたものという感じなので、詳しく調べてないのでタグマネージャーの用途をあれこれ説明することは出来ないのですが、「タグマネージャーを導入しているか否かがAnalyticsに影響を及ぼすることはない」ということはいえると思います。


では~

コメント