スポンサーリンク

【資格】画像処理エンジニア検定・CGクリエイター検定 ベーシック 受験レポート

スポンサーリンク

受験した目的

  • 現業務に若干関連の深い試験であることから

 試験難易度はベーシック(易)とエキスパート(難)の2種類あり、今回はどちらの試験もベーシックで受けました。

試験概要

試験問題

 全40問(固定かは不明)

回答方式

 マークシートによる回答

試験時間

 単願:60分、併願:100分

合格条件

 70点 ※難易度によって変動

受験費用

 5500円(ベーシック)  ※エキスパートは6600円

CG-ARTS検定 公式サイト

CG-ARTS | 検定
マルチメディア検定、CGクリエイター検定、Webデザイナー検定、CGエンジニア検定、画像処理エンジニア検定

所感

会場の雰囲気、受験者

 兵庫県で受験希望をした結果、神戸電子専門学校(公式サイト)での受験となりました。

 部屋は結構狭めで、机がぎっしりと埋まっていました。

 受験者は学生っぽい人よりも社会人っぽく見える人のほうが多かったです。

受験後の感想

試験時間

 画像処理エンジニア、CGクリエイターともに30分ずつで終わりました。

 残った時間で見直しをして75分くらい(残り25分)で退室しました。

 大半の受験者は単願で、退室可能の35分経過時に一斉に立ち去りました。まあみなさん余裕だったのでしょうか…

問題内容

 実際ほぼ試験問題集通りの出題形式、内容でした。

回答の出来

 正直難しくなかったです。試験問題集(下記リンク)を解いておけば簡単に合格は取れると思います。

備考

合否確認

 さきほどなんとなく公式サイトにアクセスしたら合格を確認しました^^

 まあ、ベーシックですけどね・・・

参考書籍

「とりあえず受かりたい方」向け書籍

 私のような「試験に合格したいだけ」という場合なら↓の本を買って複数回トライすればいいと思います。

改訂版が発売されています。試験範囲の変更などが考えられるため、購入する際は↓の本を購入するほうがいいと思います(値段だけなら改定前の中古が激安ですが…)。

「ちゃんと知識をつけたい人」向け書籍

 本気で知識を身につけたいのであれば、↑の本と一緒に↓の本も買って勉強するといいと思います。

こちらの本も2017年3月に改訂版が発売されたようです。改定前の本は2017/9/12時点で1円(中古)で売られてましたので、触りだけでも読んでみたいという方は中古でもいいかもしれません(書いてた内容が間違っているというわけではない(はず)なので)。会社にあったから買わなかったけど、1円なら買おうかな(笑)

では~

コメント