スポンサーリンク

【日記兼レビュー】VSPHOENIX X初プレイ感想|意外とすぐ慣れる

今更ではありますが、VSPHOENIX Xを初プレイしたので、プレイしての感想をまとめました。

スポンサーリンク

VSPHOENIX X(ブイエスフェニックス エックス)とは?

引用元:PHOENIXDARTS公式サイトより

VSPHOENIX Xは、PHOENIXDARTS社が開発したソフトダーツマシンです。

一番印象的なのはやはり100インチオーバーのディスプレイですね。どちらかというと演出重視なデザインに仕上がっています。

従来機ではマシン操作はマシンに備え付けられているボタンを使って行うのが普通でしたが、本機はスローラインの横にタッチパネル式の操作パネルが設置されており、ボード側に触れることはない仕様になっています。

スローライン横に備え付けられたタッチパネル(兼コイン投入口)

今のところプロトーナメント(PERFECT)では使用されていません。

VSPHOENIX X投げてみて感想

一見ボードすらCGに見えるこのマシン、ホントに投げられるのかよと思ったのですが、案外イケました^^;

タッチパネルでマシン操作はより簡潔に

 DARTSLIVE3でもそうですが、マシンの操作をタッチパネルで行えるようになったことで、操作性が上がったと感じます。

 別のゲームに変更する際に、カードデータを残したままの遷移がより簡潔化されたと感じます。

 また、プレイ中はなにかと細かいデータが表示されるので、参考になる……かはわかりませんが、マシン本体側に表示されてるのと比べてみやすさはアップしたと思います。

意外とすぐ慣れる

 従来機と比べ物にならないレイアウトの変化に、初ワンスロー時はダーツボードに向かって投げるというよりは壁に向かって投げてると感じるくらいの違和感がありました。

 が、カウントアップを1回投げ終わる頃には、案外違和感なく投げられるようにはなります。

 あとは設定で背景を静止画にさえすれば旧機種と変わらないプレイ感覚で遊べると思います(要有料会員登録)。

背景がうるさい(笑)

↑の背景は静止画(清水寺)

 まず、大半の人が思ったのではないかと思いますが、背景をムービーにしていると気が散ります

 背景はピクチャー(静止画)ムービーの2種類があって、PHOENIXの有料会員だと取得済みの背景を指定することができますが、有料会員でない場合背景はランダムになります(なるようです)。

 そしてそのランダムの背景は、基本的にムービーとなります。

 どうしても眼球は動くものを追ってしまうので、よほどターゲットに一点集中してないかぎりは目線がぶれて、結果的にリザルトは落ちます^^;

 対策としては、背景を静止画に設定すれば一応は解決しますが、有料会員の登録が必須となります(月約300円なので、月数回PHOENIX関連マシンをプレイするならまぁアリかな?と)

弾かれたら両サイドに結構飛んでいく

平日昼間に投げていたこともあり、両サイドに人はおらず迷惑をかけることはなかった…

 ボードまわりに弾かれたとき用の壁がないので、最近飛びが汚くて弾かれまくりの自分のダーツは、ボードに刺さらず弾かれた際隣の台まで飛びまくりました。
 幸い両隣にプレイヤーがいなかったので迷惑にならずに済みましたが、刺さらず弾かれる傾向がある方は要注意です。

VS PHOENIX X総評

 どちらかというとエンタメ重視の機種という印象。ガチプレイをするなら旧機種のほうがいいかも

 ただ自分の今の最寄りの練習場所にはPHOENIX関連の台がこのXしかないという環境なので、PHEONIXで遊ぶ=X一択という状況だったりします。
 DARTSLIVEの場合、1回ダーツライブ3をやっちゃうとずっと3でやりたいと思ったのですが、PHEONIXに関してはそういうわけでもないかなという印象です。

余談:ひさしぶりのVSPHOENIXプレイ

 最近はDARTSLIVE機種ばかりプレイしていますが、実はダーツ始めたての頃はVS PHOENIX一択でプレイしていましたので、その時のカードを久しぶりに使うことになりました(およそ…5年ぶり)。

 自分がダーツ始めた頃(2012年)、兵庫県(神戸市近郊)のネットカフェはPHOENIXのほうが主流で、当時一緒にプレイしていた友人もみんなPHOENIXプレイヤーだったのです(今ではどの店もDARTSLIVEばかり置いてますが…)。

 月60時間くらいの練習を2年弱継続してたこともあり、当時のカードデータを開いてみると……

 通算8000ゲーム、ネット対戦だけで3100ゲーム以上していたようです。この頃からある程度考えて練習してたら今頃もうちょっとマシだったのではないかと😅

 GOLDも60000以上残っているという状態です(これがいま基準だとスゴいのかどうかはわからないけど……)

 ただ、2015年あたりから徐々にDARTSLIVEしか置いてない店舗が増え始めて、PHOENIXで遊ぶことが困難に😅(ちょうどそのあたりからタイミングよくダーツから離れたのですが……)

で、

 最近行ってる店にXが置いてる&なぜかお店からPHOENIXのカードを1枚貰ったの機に、「ちょっと投げてみるか」と思った次第です。

あと最近あまりにも飛びが汚すぎて何か変化が欲しかったというのもありますが……

またプレイしようと思わせるPHEONIX有料会員のギミック

 今回、一応「3時間で何ブル出せるか」という目的も一応含みでプレイしたのですが、無料会員だとブル数がわからないという問題に気づき……

 毎月数回プレイするDARTSLIVEの有料会員になってない自分がPHOENIXの有料会員に入ることに(DARTSLIVEなら無料会員でもわかるんですけどね……)

 ただ昔からそうでしたが、PHOENIXの有料会員データは、また明日も投げたくなる気分にさせる要素が結構あるのが上手いなと思います。

 各要素(MPRやPPDなど)に関して、全国ランキングだけでなく、市レベルでのランキングが用意されており……

おっ、今月の●●ランキング神戸市1位や!

みたいなローカルな情報までわかるようになっています。まぁなんでも1位だと嬉しいですよね^^;

 GOLDのような加算式のランキングだと、プレイすれば上位を維持できるので、ついまたやろうと思ってしまいます😅

 また、背景レイアウトの設定などは有料会員じゃないとできないこともあり、それなりに毎月プレイするのであれば有料会員のほうが充実しているということはいえそうです。

当日のプレイ結果

 3時間、ほぼカウントアップ or 01ゲームをプレイしました。

 01は、せっかく貰ったカードを使わないのもなと301を2枚でひたすら対戦し、6ダーツを目指しました。無理でした(最短7本)^^;

で結果は……

SINGLE BULL:325
DOUBLE BULL:77
LOW TON:88
HAT TRICK:27

で、ブル数合計は399でした。 途中クリケットしてなかったら400行ってたナ…😅

 中盤全然入らない・刺さらないで落ち穂拾い状態が生じましたが^^; 、終盤一気に問題が解消されてハット数も伸ばすことができました。

さいごに

 昔から使ってる方のカードのレーティングが現状BB(11台)と、このままネット対戦に行くと過少申告もいいところなので(14はある……と思いたい😅)、とりあえず本来の実力に近いところまで1人で上げてからネット対戦しようかなと思っています。

 ということで、今月はPHEONIXメインでやろうかと。
 また近日中に一人もくもくブルに投げてこようと思います…😅

コメント