スポンサーリンク

【2019年度版】ソフトダーツ用チップの人気・おすすめ商品8選

ソフトダーツボードで使えるチップ(ティップ、またはポイント)の中で人気のチップをまとめました。

思いのほかいっぱい種類があって迷うと思いますが、バレルと違って安いので全部買って徹底的に比べるのもアリだと思います。

僕は新しいものを見かける度に興味本位でいろいろ試してますが、知らないうちにまた新しいものを見つけたので、近日中に買って試したいと思ってます。

スポンサーリンク

チップ選びの基礎知識

黄:PIXEL TIP (TARGET)、白:CONDOR TIP ULTIMATE (CONDOR)、黒:HYPER POINT 27mm (TIGA)

黄:PIXEL TIP (TARGET)、白:CONDOR TIP ULTIMATE (CONDOR)、黒:HYPER POINT 27mm (TIGA)

※オススメ商品の紹介はコチラをクリックするとジャンプします。

 チップを選ぶ際の基準として挙げられるポイントは、大きく3点です:

  • チップの硬さ
  • 先端の長さ
  • 値段(コスト)

※ネジ山の規格(2BA, No.5, 4BA)に関しては省略しています

チップの硬さ

硬さ特徴代表例
硬い◯ 曲がりにくい
× 折れやすい
CONDOR TIP
Short Lippoint
柔らかい◯ 折れにくい
× 曲がりやすい
Premium Lippoint

 一言で言うと……

  • 硬めの方が曲がりにくいけど折れやすい
  • 柔らかめのほうが折れにくいけど曲がりやすい

という傾向があります。

「曲がる」とか「折れる」という現象は、特にボードから弾かれたときや地面にチップの先端から落ちたときなどに生じます。

チップの先を持つようなグリップをされている方は、先が曲がると一気に感覚が狂うため硬めがオススメです。

飛びに自信がない方は、硬めのチップを使うと勢いよくボキボキに折れる可能性があるので、柔らかめのチップがオススメです(昔自分がそうだった^^;)

チップ先端の長さ

黄:PIXEL TIP(25mm)、黒:HYPER POINT(27mm)

黄:PIXEL TIP(25mm)、黒:HYPER POINT(27mm)

長さ特徴代表例
長い◯ グルーピングしやすい
× 刺さりにくい
CONDOR TIP ULTIMATE
HYPER POINT (30mm)
短い◯ 刺さりやすい
◯ 曲がりにくい
× グルーピングしにくい
Short Lippoint

チップの先端が長いと、すでにボードに刺さっているダーツが2本目、3本目を投げる際に邪魔になりにくいというメリットがあります(=グルーピングしやすい)。

刺さったダーツの隣(1ビット横)にも刺さりやすくなるため、スタッツ(レーティング)にも大きな影響が起こるかもしれません。

1ビット隣同士で刺さった例(チップ:HYPER POINT)。先端が長いとバレルがボード表面から離れるのでグルーピングしやすくなる。

反面、先端が長いほど飛びが汚いと刺さりにくくなります(短めのチップと比べて)。

考えられる原因として、チップが長ければ長いほど先端がダーツ全体の重心位置から離れるため、ボードに斜めに当たったら理想的でない角度への反発が生じて穴に刺さらなくなる…と考えられます。

チップが短いと(長いチップより)刺さりやすく、またチップ先端が曲がりにくいというメリットが挙げられます。

が、先端が短いほどボード近辺に(刺さったダーツの)バレルが陣取って邪魔になって、グルーピングしにくくなるデメリットがあります。

今のブルだったと思うのにバレルに弾かれてナンバーに刺さったわ」みたいなことが増え始めたら、先端が長めのチップに替えてみることをオススメします。

チップの値段

チップの価格目安表

1本あたり値段相場代表例
10円未満安いPIXEL TIP
Fit Point PLUS
10~11.9円普通Short Lippoint
12~14.9円まあまあCONDOR TIP ULTIMATE
CONDOR TIP
15円~高級Premium Lippoint

チップは消耗品のため、使えば使うほどコストに差が出てきます。最安と最高で倍以上の値段差があったりします。

相場は1本あたり10円前後が目安です。

その他

  • グリップがチップにかかる際の滑りにくさや触感
  • パッと見のデザインの好み
  • カラー

などが挙げられます。

繰り返し使うのでルックスは好みであるほうがいいと思いますが、絶対的な要素ではないという感じです。

でも最初はルックスで選んでもいいと思います^^;

チップはどこで買うのがいい?

チップは、

  • ダーツ専門店
  • ネットカフェ
  • ディスカウントストア(例:ドン・キホーテ)

などでも売ってますが、店によってはちゃっかり100円増しで売ってたりするので(特にネットカフェ)ネットショップで買うのがオススメです。

普段利用しているショッピングサイト(Amazon楽天市場)などでもいいですが、値段の関係で送料が発生する……という場合、レビューすれば送料を無料にしてくれるダーツハイブがオススメです。

ちなみに僕は基本的にダーツハイブ、たまにAmazonのダーツコーナーを使ってます。

おすすめソフトダーツ用チップ8選

白:CONDOR TIP ULTIMATE、紫:Premium Lippoint、黒:HYPER POINT、赤:CONDOR TIP、黄:PIXEL TIP

人気のチップから順に紹介しています(商品名をタップすると対象の説明箇所にジャンプします)。

人気チップ一覧表(価格は2019年12月4日時点、税込)

商品名
(メーカー)
価格/本数
(1本当たり価格)
ひとこと
Premium Lippoint
(L-style)
540円/30本
(18円/本)
・折れない
・長持ち
・高級
Short Lippoint
(L-style)
500円/50本
(10円/本)
・短め
CONDOR TIP ULTIMATE
(CONDOR)
590円/40本
(14.8円/本)
・硬め
・長め
Fit Point PLUS
(コスモダーツ)
440円/50本
(8.8円/本)
・安め
CONDOR TIP
(CONDOR)
530円/40本
(13.3円/本)
・硬め
HYPER POINT
(TIGA)
310円/25本
(12.4円/本)
・長さ豊富
PIXEL TIP
(TARGET)
407円/50本
(8.1円/本)
・安い
・抜きやすい
Lippoint
(L-style)
500円/50本
(10円/本)
・白1色

おすすめ1:Premium Lippoint(プレミアムリップポイント):L-Style

画像:Amazon.co.jpより引用

Premium Lippointの基本スペック

L-style Premium Lippointの基本スペック

長さ24.58mm
(ネジ山含めると30mm)
硬さ★★★☆☆
カラー9色
(ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、ブルー、グリーン、パープル、オレンジ、ピンク)
価格540円/30本(18円/1本)

Premium Lippointの特徴

L-style(エルスタイル)のプレミアムリップポイントは、

  • 緩みにくいネジ山設計
  • ボードから弾かれにくい先端構造
  • 豊富なカラーバリエーション(全9色+α)
  • チップに指をかける人向けの滑りにくいデザイン

とメリット豊富で、発売直後から人気のチップです。

Amazonやダーツハイブでも常にランキング上位常連なので、多くの愛用者がいることがうかがえます。

Premium Lippoint ユーザーの口コミ集

 僕もいろいろ試した挙げ句、プレミアムリップポイントを愛用しています。
 1年以上使ってますが、まだ1回も折れたことがないです。曲がりがひどくなりだしたら交換する感じで、3時間投げてやっと交換するくらいの頻度です。
 先端はこの後紹介するCONDORより先端は柔らかめで、CONDORより折れにくく曲がりやすいです。
 カラーバリエーションが豊富なので、少なくなる度に新しいカラーを順番に買ってます。

おすすめ2:Short Lippoint(ショートリップポイント):L-style

画像:Amazon.co.jpより引用

Short Lippointの基本スペック

L-style Short Lippointの基本スペック

長さ22.4mm
硬さ★★★★★
カラー3色
(ホワイト、バイオレット、オレンジ)
価格500円/50本(10円/1本)

Short Lippointの特徴

L-styleショートリップポイントは、先程のPremium Lippointと比べて約2mm短く設計されたチップです。

先端が短めな分、強度はプレミアムリップポイントより硬めです(=曲がりにくい)。

長めのチップは飛びが悪いと刺さりにくいので、プレミアムリップポイントが刺さりにくいと感じた方はこちらを使ってみるといいかもしれません。

昔から発売されているロングランな商品ということもあり、愛用者はいまだ多いようです。

Short Lippoint ユーザーの口コミ集

 「刺さりが悪くなる」というコメントをちょくちょく見かけましたが、悪くなるのは擦り減りが原因だと思います。
 なお、折れなければ早くても1~2時間使ったら交換するくらいの頻度です。
 折れる一番の理由は飛びが悪く、ボードに当たるときの角度が悪いこと……と自身の経験上思ってます(飛びがマシになってからは折れにくくなりました)。

(類似品)染めショートリップポイントについて

画像:Amazon.co.jpより引用

 ショートリップポイントと同じ規格で、カラーグラデーションがオシャレな「染めリップポイント」もあります。

 値段は普通のショートリップポイントと比べてお高めです(相場は30本あたり500円なので、1本あたり16.6円)。

おすすめ3:CONDOR TIP ULTIMATE(コンドルチップ アルティメット):CONDOR

画像:Amazon.co.jpより引用

CONDOR TIP ULTIMATEの基本スペック

CONDOR TIP ULTIMATEの基本スペック

長さ31mm
硬さ★★★★☆
カラー4色
(ブラック、ホワイト、レッド、ブルー)
価格590円/40本(14.8円/1本)

CONDOR TIP ULTIMATEの特徴

CONDOR TIP ULTIMATE(コンドルチップ アルティメット)は、中級・上級者向けのチップといえます。

ネジ山を含まず31mmという驚異の長さのおかげで、グルーピングしやすさが段違いです。

全長が短いチップでは(バレルが邪魔になって)物理的に不可能な、1ビット隣同士の穴に刺すことも可能です。

先に刺さっているダーツが邪魔でグルーピングがうまくいかないとお嘆きの方は、この先端が長いコンドルチップアルティメットを使うことで解決するかもしれません。

発売当初は白と黒の2色だけでしたが、レッドブルーが加わり、カラーも豊富になってきました。

CONDOR TIP ULTIMATE ユーザーの口コミ集

 「上級者向け」としたのは、飛びが汚いと容赦なく弾かれる&折れるためです(経験談)。飛びが良ければ問題なく刺さってくれます。
 飛びに自信がない方は、先程のコンドルチップやプレミアムリップポイントを使うことをオススメします。

おすすめ4:Fit Point PLUS(フィットポイントプラス):COSMO DARTS

画像:Amazon.co.jpより引用

Fit Point PLUSの基本スペック

COSMO DARTS Fit Point PLUSの基本スペック

長さ25mm
硬さ★★★★★
カラー5色
(ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、ブルー)
価格432円/50本(8.64円/1本)

Fit Point PLUSの特徴

COSMO DARTS(コスモダーツ)のFit Point PLUS(フィットポイントプラス)はコストに注目です。

50本入りで税込440円、1本あたり8.8円と驚きの安さが印象的です。

使う時に、プラモデルのパーツを外すかのようにパキッと折って取り出すのが印象的です。

Fit Point PLUS ユーザーの口コミ集

おすすめ5:CONDOR TIP(コンドルチップ):CONDOR

画像:Amazon.co.jpより引用

CONDOR TIPの基本スペック

CONDOR TIPの基本スペック

長さ25mm
硬さ★★★★★
カラー6色
(ブラック、ホワイト、レッド、ネイビー、パープル、ピンク)
価格530円/40本(13.3円/1本)

CONDOR TIPの特徴

CONDOR(コンドル)のCONDOR TIP(コンドルチップ)は先端が硬めで曲がりにくいので、グリップがチップに掛かる人は長時間交換せずに違和感なく使えるチップとして愛用されています。

別売の商品(最近売ってない?)を使って開いた穴に差し込んでネジを締めればよりキツく締めることができるので、緩まなくなります。

別のチップを穴に差し込んでグッと締める手もありです。

CONDOR TIP ULTIMATEの31mmに対し、CONDOR TIPは25mmと平均的なソフトチップの全長に仕上がっています。

CONDOR TIP ユーザーの口コミ集

 僕がコンドルチップを試していた頃は飛びがメチャクチャ悪かったこともあり、ものすごい勢いでボキボキと折れていきました^^;
ダーツの飛びに自信がない人(投げる度に矢先がどこ向いているかよく分からないような方、ボードからよく弾かれる方)は要注意です。

おすすめ6:HYPER POINT(ハイパーポイント):TIGA

画像:Amazon.co.jpより引用

HYPER POINTの基本スペック

TIGA HYPER POINTの基本スペック

長さ24, 27, 30mm
硬さ★★★☆☆
カラー2色
(ブラック、ホワイト)
価格310円/25本(12.4円/1本)

HYPER POINTの特徴

TIGA(ティガ)のHYPER POINT(ハイパーポイント)は…

  • 24mm
  • 27mm
  • 30mm

の3種類から選べます。

ありそうで意外とない27mmというモデルは、新たな境地を生み出してくれるかもしれません。

50本売りの商品が多い中、半分の25個単位で売られているので310円と安価で買えます。試しやすいというメリットもありますね。

カラーはブラックとホワイトの2色です。

HYPER POINT ユーザーの口コミ集

おすすめ7:PIXEL TIP(ピクセルティップ):TARGET

画像:Amazon.co.jpより引用

PIXEL TIPの基本スペック

TARGET PIXEL TIPの基本スペック

長さ25mm
硬さ★★★★☆
カラー4色
(ブラック、ホワイト、イエロー、オレンジ)
価格407円/50本(8.1円/1本)

PIXEL TIPの特徴

TARGET(ターゲット)のPIXEL TIP(ピクセルチップ)は、1本あたり8.1円という驚異のコストパフォーマンスと、チップに指をかける人向けのグリップを用意しているデザインが特徴です。

長さはオーソドックスな25mmを採用しています。

PIXEL TIP ユーザーの口コミ集

⇒ここまで矛盾した口コミが見つかるのは珍しい…^^;
ユーザーのスキルレベルにだいぶん左右されるチップといえそうです。

おすすめ8:Lippoint(リップポイント):L-style

画像:Amazon.co.jpより引用

Lippointの基本スペック

L-Style Lippointの基本スペック

長さ24.8mm
硬さ★★★★☆
カラー1色
(ホワイト)※他カラーは廃盤
価格500円/50本(10円/1本)

Lippointの特徴

L-styleLippoint(リップポイント)は、Premium Lippointとほぼ同じ長さでShort Lippointより長め…という立ち位置です。

「Premium Lippointと同じ長さならこっちのほうが安いしお得では?」と思うかもしれませんが、Premium Lippointで進化したネジ部やデザインがこちらではどノーマルなつくりになっています(=Premium Lippointと比べて緩みやすいしグリップしにくい)。

昔は8色くらいカラーバリエーションがありましたがほとんどのカラーが廃盤になっており、現在はホワイトのみが売られています。

今後は完全廃盤も有りうると思いますので、後継チップのPremium Lippointに乗り換えることをオススメします。

まとめ

人気のチップを厳選して紹介しましたが、他にもまだまだ多くのチップが販売されています。

結局のところユーザーの口コミを見てもわかりますが、使う人のスキルや感覚によって全然感想が違うというのが実情です。

ですので、まだ使ったことのないチップの中で気になるものがあれば是非買って試してみてくださいね。

関連記事

【ダーツ】HYPER POINT (TIGA) 、PIXEL TIP (TARGET) レビュー|他のチップと比較した使用感も
ソフトダーツ用チップ、HYPER POINT(TIGA)とPIXEL TIP(TARGET)の使用感をレビュー。その他チップとの比較、各要素ごとのランキングを公開。

コメント