スポンサーリンク

ASP大手5社の、「広告コード使い回し」の可否について調べてみた

新しいサイトを作ったとき、すでに別サイトで承認済みの広告商材を新サイトでまた承認取らないといけないのかどうかという点が気になったので、主要ASPサイトごとの対応(Q&A)をまとめました。

調べてみると、サイトごとで対応が若干異なることが分かりました。

知らずに広告を貼り付けてASPからBAN喰らった……とならないようにしたいですね。

スポンサーリンク

A8.net:同ドメインでもジャンルが異なる場合は副サイトの登録が必要だったりする



まずはASP最大手の呼び声高いA8.netから見ていきます。

関連の深そうなQ&Aとして、↓のようなQ&Aを見つけました:

Q. 同じ広告素材を複数のサイトに掲載して良いですか?

A. 複数の登録サイトに同じ広告素材を掲載いただいても問題はございません
ただし、管理画面のレポート上では一つのサイトから発生した成果として反映されてしまいます。

掲載サイトを選択することで、レポート上にてサイト毎の成果を確認できますので、掲載サイト毎に広告素材を取得していただくことを推奨しております。

引用元:https://support.a8.net/a8/as/faq/05より

上のQ&Aを見ると、一度あるサイトで承認を得た広告商材は、別サイト(副サイト)でも気にせず貼っても良さそうに見えます。

ですが……

Q. 同一サイト内であれば副サイト登録をしなくても広告を掲載していいの?

A. サイトのトップページを登録している場合、同一サイト内(トップページと同じドメイン内)でトップページからリンクが貼られているページであれば、広告を掲載しても問題ありません

登録したページと異なるドメインのサイトや、同一サイト内でもリンクが貼られていないページに広告を掲載することは禁止行為となります。必ずサイト登録を行なってから、広告を掲載してください。

また、同一サイト内でリンクが貼られていても、サイト内容が全く異なる場合は別サイトとみなされる場合もありますので、サイト登録していただくことをおすすめします。

引用元:https://support.a8.net/a8/as/faq/07より

というQ&Aから分かるように、例え同じドメインでもジャンルが違うページに広告を貼ったらNGになりうるということが伺えます。

ということは、example.comで承認を得た商材を、example.jpで貼ったらBANされる可能性もありそうです(あまりにもジャンルが異なっていれば)。

例:格安SIMを扱ったサイトに、別ドメイン・別ジャンルのサイトで承認を得た青汁の広告を貼る

全く異なる場合」の範囲がどの程度のものを指してるのか次第って感じですね。
格安SIM青汁は言わずもがなですが、格安SIM独自ドメインくらいなら大丈夫……?
最悪不安に思ったら聞いたほうが良さそうです。

でもルール上、内容が合っていれば大丈夫?

ただA8.netは、一度あるサイト(ドメイン)で承認を得た広告商材は、別サイトで再度掲載の承認申請を行うということができません(すでに承認済みになっているから)。

A8.netは、広告リンクコード生成時に掲載サイトの指定を行い、そのときに登録サイト(ドメイン)毎の広告リンクを作ることができます。

……ということは、広告内容とコンテンツが合致していれば、別ドメインであろうと掲載することは問題なさそう……と解釈できます(もちろん掲載するサイトのA8.netへの承認は必須!)。


結論:とりあえずドメイン(新サイト)の登録と承認は必須。
コンテンツに沿った広告を掲載していれば、別サイトで承認を得た広告でもいきなりBANされることはない(だろう)

バリューコマース:同コンテンツのサイトなら再度申請不要?→やっぱり別途申請必要そう

バリューコマースは、事前調査したときに結構都合が良い印象があったのですが、今回改めて詳しく調べてみたらそうでもなさそうということが分かりました^^;

Q. ドメインが同じであれば、他のサイトでも登録は不要ですか(ドメイン(URL)ごとに申し込む必要がありますか)?

A. バリューコマースのアフィリエイトでは、ご登録サイトの判別を、ドメインやURL単位で行っておりません
1つのまとまりのあるコンテンツ(内容・情報)として “1サイト” と判断させていただいております。
例えば、ドメインが異なるサイトでも、ご登録サイトと同じコンテンツであれば、別途ご登録サイトをお申し込みいただく必要はございません

引用元:http://help.valuecommerce.ne.jp/ads/より

example.comで承認を得た商材は、同じコンテンツを扱うexample.jpになら申し込まなくても貼り付けていいと解釈できます。

ただ、別のQ&Aには↓のようなことが書かれてあるので、example.jpがバリューコマースで承認されている必要がありそうです:

Q. 承認されたサイトの広告は、自分が運営する他サイトへ掲載できますか?

A. バリューコマースでは、登録以外のサイトへの広告掲載は規約違反となりますので、サイト追加にて新たに申請いただくようお願いいたします。

引用元:http://help.valuecommerce.ne.jp/ads/より

さらに調べてみると、最初のQ&Aとは矛盾しているように見える文章も発見しました。どうなってるんだ^^;

Q. 複数サイトを登録できますか?

A. 複数のサイトやメールマガジンを持っていて、そちらでもアフィリエイト広告を掲載したい場合には、「サイトの追加」手続きを行います。

(中略)

登録サイト毎に管理画面が提供されます。広告主との提携や広告コードの取得は、登録サイト毎の管理画面内で行ってください。

同一登録者が持っているサイト間であっても、登録サイトと異なるサイトに広告コードを掲載することはできなくなっています。ご注意ください。

引用元:http://help.valuecommerce.ne.jp/ads/より

↑の文章から見るに、example.comで承認を得た商材をexample.jpで掲載するのは、例え同じコンテンツとしてもNGということが伺えます。最初のQ&Aと矛盾してない……?

それとも「同じコンテンツ」というのは1文字単位で同じ内容ということ……?そんなまさか(苦笑)

結局、サイト毎で商材の承認を得て、サイト毎で掲載URLを取得したほうが安全ですね。

結論:一度別サイトで提携承認を得たことがある商材でも、新サイトで承認を取り直したほうが良さそう(それで通らなかったらお陀仏)

アクセストレード:サイト毎で広告の承認が必要

アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードはかなり明白で、サイト毎で広告商材の承認を行う必要があることが明記されています。

Q. サイトごとにプログラムの「提携申請」が必要なの?

A. プログラムとの提携は、サイトごとに行ってください。

提携サイト以外への広告掲載は、パートナー利用規約で禁止されております。

引用元:https://www.accesstrade.ne.jp/faq/after/detail/60より

パートナー利用規約を確認すると、第14条7項にこのことに該当するとされる内容が記述されています:

7.マーチャントとの提携は、個々の広告(アフィリエイト・プログラム)とパートナーサイトとの属性を考慮して承認がなされるものであるため、パートナーは、当社が配信する広告表示用のリンクコードを、登録を受けたパートナーサイトでのみ使用するものとし、提携の承認を受けていない他のサイトで使用してはならないものとします。

引用元:https://www.accesstrade.ne.jp/agreementより

落ちてもまた申請可能

アクセストレードは、一度広告の審査に落ちたとしても、再度申請を行うことができます

それなりにコンテンツが充実していれば一発で通るとは思いますが、メインコンテンツから少し異なる内容だったり、ごちゃまぜジャンルのサイトだと落ちたりすることもしばしばなので、何度か受けられるというのは助かります。

例えばこのサイトは「コレ!」という固定ジャンルがないので、何かと審査に落とされるかもしれない……^^;

結論:サイト登録の必要も当然ながら、新サイトでの広告の申請も必要。
落ちたらリライト後に再申請か別ジャンルを攻める。

アクセストレード パートナーサイト募集

afb:サイト毎に広告の承認が必要

アフィリエイト情報

afbもアクセストレードと一緒で、サイト毎に広告を申請するルールとなっているため、既に別サイトで掲載承認を得ていても別途申請する必要があります。

Q&Aを見ると……

Q. 登録したサイトと異なるサイトに広告を掲載した場合はどのようになりますか?

ご登録頂いているサイトと異なるサイトに広告を掲載することは禁止とさせていただいております。

そのためご登録以外のサイトへの広告掲載を見つけた場合はafbを退会していただくケースもございます。また、退会していただく場合、報酬は一切お支払いたしかねますのでご了承ください。

引用元:https://www.afi-b.com/general/partner/faq/answer?id=6より

と書かれているため、このことを知らずに他(メイン)サイトで承認を受けた広告を新サイトで掲載するとBANされそうです。

これは、例え上記Q&A内の「ご登録頂いているサイトと異なるサイト」が、afbに登録済のサイトであってもダメっぽいということが、別のQ&A(↓)からも伺えますので要注意です。

Q. 広告は登録したサイト以外にも掲載していいのでしょうか?

A. ご登録頂いているサイト以外のサイトの場合には新たにサイト登録が必要です。管理画面の「サイト情報」より新たに広告を掲載したいサイトをご登録ください。

※このQ&Aが別途立てられているということは、最初のQ&Aの「異なるサイト」がafb登録済サイトであることが前提……と解釈するのが普通。

ただ、afbも一度審査に落ちた広告でも再度申請できる仕様のため、やさしい方かなと思います。さすがパートナー第一主義を主張するだけありますね^^

結論:サイト登録の必要も当然ながら、新サイトでの広告の申請も必要。
落ちたらリライト後に再申請か別ジャンルを攻める。

アフィリエイト情報

TCSアフィリエイト:サイト毎で広告の承認が必要

TCSアフィリエイトについては、深く考えるまでもなさそうです。

TCSアフィリエイトは、登録したサイト毎に広告の承認申請を行うシステムになっています。

過去に別のサイトで承認を得ていたとしても、新サイトで別途承認を得る必要があります。

要注意:一度落ちたら二度目はない

TCSアフィリエイトでは、一度申請がNGになった広告商材は二度と再申請できません

ある程度サイトを作り込んでから申請したほうが良さそうです。既に私は一度痛い目に合っています(笑)


結論:サイト登録の必要も当然ながら、新サイトでの広告の申請も必要(落ちたらお陀仏)。

まとめ

大手ASP会社5社の、新サイト(副サイト)作成時の広告掲載再申請の有無について調査しました。

私の感覚で難易度(ルールの厳しさ)をランク付けすると、易しいところから順に

1位:A8.net(一回あるサイトで通せば基本的には使える)
2位タイ:アクセストレード(再度広告の申請が必要、落ちても再申請可能)
2位タイ:バリューコマース(同上)
2位タイ:afb(同上)
5位:TCSアフィリエイト(再度申請必要、落ちたらその広告は終了)

という印象です。とはいえ、ほとんど差はないといえますね。

総評としては、正規のルートを踏んで申請さえすれば基本的には問題ないという、そらそうよという結論になりましたが、今回ちゃんと調べたので後々問題になることは避けられそうです。

早速サイトを作ってからその都度申請に臨もうと思います。


では~

コメント