スポンサーリンク

【低コスト】「よく寝たのに眠い…」ときのプチ対策まとめ|全7種類の対策法を紹介

表題の状況に困っている自分自身のためにググって、やってみようと思ったものをまとめたので紹介します。

とりあえず大掛かりなことをせず、「今すぐできそうなこと」だけを抜粋しています。
一応医師監修的な記事ばかりを読んだつもりですが、絶対的な効果があるかは不明です。

根拠的なところは結構すっ飛ばしてますので、根拠が知りたい方は面倒ですがお調べください。

スポンサーリンク

個人的な背景

※ここは読んでも意味ないので飛ばしてもらって構いません^^;
対策集へ飛ぶ

ある日のことです。

2時間ほど睡眠…
8:00起床
9:00作業開始
→貫徹(寝ずに仕事)
翌々日0:00に就寝(=40時間寝ずに活動)

⇒作業中眠くなることなく、作業できた!

そして8時間睡眠
8:00起床
9:00作業開始
9:30眠い…

なんでや!

…ということがあり、軽く対策を調べてみた結果が↓の対策法です。

対策1:寝る前のブルーライト軽減

実行時期就寝前
実行回数寝る数十分前から寝るまで
難易度★★
コスト

寝る前に布団の中でスマホ、よくいじってしまいますよね。

僕は寝る前に将棋ウォーズで将棋を布団の中で指してたので、指す時間を改めようと思いますw

なにかとよく言われるこの「寝る前スマホいじるな」はなんでやと僕は思ってたのですが、ブルーライトは脳が朝と認識する光だから(寝る前に脳に朝と認識させると睡眠の質に影響する)ということだそうです。

対策2:朝起きたらすぐ日光浴

実行時期就寝前
実行回数寝る数十分前から寝るまで
難易度
(やりにくさ)
★★
コスト

よく言われるやつですね。

日光浴をすることで体内時計を正しく設定して体に「今から朝を迎える」ということを知らせる感じです。
なによりノーコストなのがいいですね。

…逆に考えると、「寝る前に布団でスマホ」は寝る前に日光浴してから寝るのとまあまあ同義ってことになりますね。

日光浴ができない環境下に住んでいる…という場合は、起床と同時にとりあえず部屋の明かりをMAXにするという対案があります。

対策3:換気する

実行時期定期的
実行回数1時間に1回くらい
難易度
(やりにくさ)
★★★
コスト

特定の部屋(例:会議室)に行ったら眠くなる…という現象は、どうも二酸化炭素量が多いことが物理的な原因として考えられるようです。

二酸化炭素割合が増える
→酸素割合が減る
→脳内に供給される酸素量が減る
→眠くなる

という論理のようです。

なにせ会議室って基本部屋閉めっぱなしですからね。

ということで、窓を開け締めできる環境下にあるのなら、定期的に窓を空けたりして室内を換気するのは良策です。

対策4:呼吸のテンポを上げる

実行時期眠いと感じた時
実行回数定期的(1分くらい?)
難易度
(やりにくさ)
★★
コスト

呼吸を早めることで交感神経を刺激して脳を活動状態に持っていくという技です。

僕はこれを知った時にグレイシー柔術の呼吸法を思い出しましたw

ヨガ式呼吸法だそうです。

職場でやる場合、あまり呼吸が荒いと周りの人から「(…大丈夫か?)」と心配されるかもしれませんのでバレない程度にやりましょう^^;

対策5:コーヒーを飲む

実行時期眠いと感じた時など
実行回数1日数回
難易度
(やりにくさ)
★★
コスト★★

これは定番。

カフェインを摂取して眠気を解消するという方法です。

対策6:目薬を射す(ビタミンB12配合)

実行時期眠いと感じた時など
実行回数1日数回
難易度
(やりにくさ)
コスト★★★

目の疲れ(眼精疲労)が脳に睡眠を摂る指示を出すきっかけになるので、それを解消するための対策です。

ビタミン12を配合した目薬がいいぞ!だそうです。

対策7:アイマスクで目を温める

実行時期定期的(作業中)
実行回数1日数回
難易度
(やりにくさ)
★★★
コスト★★★

これも目的は目薬と一緒で、眼精疲労を抑える目的で使用します。

1回5~10分ほど使って温めます。

使用時に作業ができなくなる点がデメリット。完全休憩ってときならいいですね。

まとめ

ということで、夜寝る前から戦いは始まっている、ということがわかりますね。

とりあえず僕は対策1~6をやってみます。

余談:目薬買ってきた

目薬も買ってきましたよ。

薬局に行って目薬コーナーを探ると、「ビタミンB12基準内最大濃度配合」と書かれた目薬があったので、それをチョイスしました。

参天製薬のサンテアスティという目薬です。

表面に「ビタミンB12基準内最大濃度配合」と記載。

なんか赤い!そして謎のピントボケ^^;

ビタミンB12(シアノコバラミン)の「一般用眼科用薬製造販売承認基準」の最大濃度は、どうやら0.02%のようです。

こういうキャッチコピーを表面に載せてアピールするってことは、ビタミンB12=目の疲れを解消するための栄養素っていうのが一般に周知されてるってことなんでしょうかね。僕は初耳でしたがw

今回購入した「サンテアスティ」はだいたい900円程度でしたが、参天製薬の目薬では他にサンテメディカル12という商品があり、こちらは1500円以上する上、量も12ml(サンテアスティは15ml)と少なめで高級な目薬もありました。

ブルジョワなあなた、目に入れるものにこだわりのあるあなたは是非サンテメディカル12こちらをご購入ください^^;

とりあえず一回使ってみましたが、使う前にあった目の奥のほうの痛みというか重みみたいな、一言でいうと違和感が少し和らいだ気がしました。
あまり「キター!」みたいな清涼感はないです(それはサンテFXネオ)。

定期的に使ってみます。

あとグレイシー呼吸法的(上の動画)なのも定期的にやってみます^^;

全部やっても全然ダメなら…

おい、全部試したけど全く効果ないぞ

という場合、もうぶっちゃけ病院行ったほうがいいかもしれません。

無呼吸症候群とか、そういう診察しないとわからないような症状によって睡眠の質がめちゃくちゃ悪い可能性があるので、解決するための最終手段として頭に留めておくことをオススメします。


では~

コメント