スポンサーリンク

【Audi】A4(B8前期)、タイヤ新調(TOYO TIRES → MICHELIN)

こんにちは~

 車を購入してから一度も交換してなかったノーマルタイヤを履き替えてきました。

 車を買う前を除いて4年、含めると約5年使用してきましたが、タイヤ表面を見ても凹凸がなくなってきていたのと、単純に長期間使用したことによるゴムの経年劣化が気になってきたからです。

3月に撮影したタイヤ表面(PROXES)。溝が減り、手前側の表面はヒビが入っているような状態。

スポンサーリンク

新旧タイヤ比較と選んだ理由など

旧:TOYO TIRES(トーヨータイヤ) PROXES

新:MICHELIN(ミシュラン) Primacy3

公式サイト(MICHELIN Primacy3)

MICHELIN PRIMACY 3(プライマシー スリー) | 日本ミシュランタイヤ
快適性と高速安定性を融合したアクティブコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 3(プライマシー スリー)」の製品紹介ページ。是非最寄りのミシュランタイヤ取扱販売店でお求めください。

なぜMICHELIN?

 まず、車の中で唯一接地するのがタイヤということで、ある程度コストをかけても性能の良いタイヤを選びたいという思いがありました。そのため、選定する前からBRIDGESTONE、MICHELINあたりに絞っていました

 最終的にMICHELINにしたのは、ネットで検索をかけた際にAudi A4とMICHELINという組み合わせ例がわりと多く見受けられたため(感想も悪い印象のコメントがほぼなかった)、じゃあMICHELINにしようとなりました。

 ということで、そんなに厳密な判断基準とかはないです。

なぜPrimacy3?

 Pilot Sport(3か4)と迷いました。

 グリップ力はPilot Sportの方が優勢(スポーツ走行向き)であるのに対し、静粛性はPrimacy3の方が良い(店員談)とのことなので、自分のドライビングスタイルから後者を選択しました。

お値段

 タイヤ4本、工賃込みで84800円でした。

タイヤ替えてからの第一印象

 交換時期を迎えたタイヤとおニューなタイヤの比較なので、「メーカー間の性能比較」というよりかは単純な「劣化タイヤと新タイヤの比較」ですが…

静粛性

かなり増した

 →そして前まで感じなかった風切音が目立つことに…

 今後の対策はいかに風切音を消すか・・・できるのか?

ステアリング(ハンドリング性)

軽くなった印象

 →そんな変わることはないと思うので印象論(替えたという事実がそう思わせているだけ)かもしれません。

その他

摩擦抵抗も減った感じ

 →アクセルもブレーキも踏んでないスロットルフリーの状態(エンジンブレーキがかかっている状態)での直線走行中の減速度合が小さかったからです。結果的に燃費も少し伸びそうです。

画像

 タイヤ全体図、ホイールを少し綺麗にしてもらった模様、ありがたい(笑)

 製造日は2015年の45週目(11月の上旬くらい?)の模様

最後に

 車との相性だとかはよくわかりませんが、今のところ全く問題なしで快適です。

 2020年くらいまで使う予定です。

では~

コメント