スポンサーリンク

【WEB】https化したら、Googleのインデックスから外された件(Blogger)

こんにちは~

最近ウェブ業界では敏感に謳われているhttps化(SSL対応)。

このサイトは開設当時からhttps対応済みでしたが、とあるサイトはhttpのままでした。

先日、無償でhttps化に対応できるようになったことをきっかけに早速施したところ、Googleのインデックスから全ての記事が外されるという憂き目に合いましたのでその報告と、その後の展開をまとめました。

スポンサーリンク

Google社推奨の常時SSL

「http」だとセキュリティガバガバ?

Googleではセキュリティ強化を理由に、「ウェブサイトは全部https(常時SSL)対応しろよ、しなければページ表示できなくするゾ~」という警告じみた発表を1年以上前に行っています(参考:下記事)。

Googleが全面支持する「常時SSL」のSEO対策への影響とは | プロモニスタ
Googleは「常時SSL」を検索結果ランキングに影響すると明言しています。なぜ、「常時SSL」が重要視されるようになったのでしょうか。簡単に言えば常時かつオープンな環境でのWeb接続が増えてきているからと言えるでしょう。

サイトを見るユーザー側にとってのSSL化の最大のメリットは、暗号化による個人情報の保護(盗聴、漏洩の防止)です。

httpだと、文字を入力し送信した際に暗号化されずに送信されるため、クラッカー(「ハッカー」の悪いヤツ版)はその情報を簡単に盗むことができてしまいます。SSL化はそれを防ぐための施策ということになります。

SEO対策としても有効とされているhttps化

一方サイトを作る側からしても、https化(SSL対応)はSEO対策(Search Engine Optimization:検索エンジンの最適化、検索エンジンにより高順位で表示してもらうための対策)の面で有利になると言われています。

今後は、SSL対応の有無が検索順位の高低に大きく影響される…とも言われています。

https対応しないことの影響は他にもあり、例えばGoogle Chromeを使用して「httpサイト」で文字を入力する場合、情報が保護されてない(暗号化されてない)旨が画面(アドレスバーのところ)に表示されるようになりました(例:下画像)。

 まだこれだと影響力は小さいですが、今後httpサイトにアクセスした時に、画面いっぱいに「このサイトは情報の暗号化がされておらず…」なんていうモノが表示されるのでは…?と言われています。

いまだに対応してない(開設当時のまま)と一部で何かと話題になっているネットゲーム「メイプルストーリー」の公式サイト。httpのサイトで文字列(こんばんは~)を入力すると、アドレス欄の横に「保護されていません」と表示される。一応フォローのために書いておくと、メイプルストーリーは、ログインページに関してはSSL対応している。

「Blogger」の独自ドメインサイトのhttps対応化

独自ドメインではhttpsに簡易設定できなかったBlogger

「とあるサイト」というのは、Googleが所有するブログサービスである「Blogger」で作成中のサイトです。

そのサイトでは取得したドメイン(.com)をアドレスに設定していたのですが、独自ドメインではhttpsにできない仕様だったため、サイトはhttpで掲載していました。

前々から「独自ドメインでhttps化できるなら、サーバー代無料のBloggerは最強」と言われていました。「独自ドメインでhttps化できない」のは、Bloggerの難点の1つともいえます(ものすごい特殊な方法を用いればできるということを聞いたことはありますが…)。

と同時に、「あれだけ口うるさくhttps対応しろといってるGoogleのサイトと言ってもいいBloggerが、なぜhttps化できない?」という疑問から、「有料対応するんじゃないか?」という憶測も一部の人は持っていたかと思います。

3月後半頃から対応開始した模様

ちょちょいとググって見たところ、2月あたりからツールを使えば対応できるようになっていたようで、Bloggerの設定から直接SSL対応できるようになったのは3月下旬とのこと。

僕が設定したのは4/3だったので、たまたま対応化に比較的早く対応したようです。

https化実施、方法はマウスを数回クリックするだけ

設定方法は至って簡単で、Bloggerの管理画面の左側にある「設定」の、「基本」の「HTTPS」項目の「HTTPSの使用」をはいにするだけです。

httpへのアクセスをhttpsにリダイレクトして欲しい人は、「HTTPSリダイレクト」もはいにします。

それで終わりです。

Bloggerの設定画面。バレて特に困るということはないけど、アドレスは伏せておく

https対応した結果

対応前から持っていた懸念点

検索エンジン(Google限定)からどれだけサイトにアクセスされたかを調べるために「Google Search Console」を導入しています。

既に設定していた「http」から「https」に変更できないため、今後Search Consoleが今まで通り機能するのかという懸念点がありました。

Google Search Consoleは、Googleの検索エンジン経由でどのような検索ワード(クエリ)で訪問しているのかを調べるツールで、WEBマーケティングには欠かせないツールなので、機能しなくなると困ることになります。

追加はできる(数に限りはある)

httpのサイトアドレスをhttpsに変更できないものの、httpsのサイトを新規で追加することはできるので、https版のアドレスを追加することでひとまず対応しました。

SSL対応後、インデックス数激減

SSL対応後に大きな問題が発生しました。

タイトルの通り、Googleのインデックスに登録されたページ数がゼロになってしまうという問題です。

https対応した翌日(4/4)から、インデックス登録数がゼロに(4/11時点では34件まで戻った)

インデックスに登録されてないということは、Googleにページが登録されてないことを意味するため、検索時に自分のページ(サイト)が表示されなくなる恐れがあります。

対応後

検索エンジンでの表示数に変化あり

ということで、検索エンジンで自分のサイトが表示されなくなったのか…と思ったのですが、4/4以降も検索に対していくつかのページがヒットした(表示された)ことが分かりました。

ただし、4/4以降表示回数が目減りしているように見えます。心なしか掲載順位も若干悪化しているように見えます。

一応検索エンジンに自分のページが表示されている模様、ただし、表示回数は目に見えてわかるくらいはっきりと減っている

回復し始めるインデックス済ページ数

とはいえ、「http」側のアクセス数は減ってしまう反面、「https」へのアクセスはきっと増えるだろうと思われます。

https側のインデックス登録が4/12から行われ始めたため(下画像、しかしまだ全体のおよそ半分)、今後は検索エンジンに表示される僕のBloggerのサイトはhttpsで表示されそうです(httpもインデックスが少しずつ回復し始める現象を確認、上で掲載した画像でも最後赤い線が上昇している)。

4/4にサイトマップが送信され、4/12にインデックスに一部が登録された模様。残りもいずれ登録される…ハズ?

SEO的にもhttpsの方が良化されている?

4/10から観測が始まったhttpsの方の検索アナリティクスを見ると、掲載順位の平均がhttpよりも少し良い順位になっていることを確認しました。

掲載順位が上がるということは、自分のサイトが、ある検索ワードにおいてより上位に表示されることを意味するため、アクセス数のアップが期待できます。

また、平均CTR(クリック率)も数パーセントですが上昇しており、https化による恩恵を少しずつ受け始めていると感じています。

httpの方は徐々に低下の一途

httpsのほうは徐々に良化される一方、httpのほうは徐々に表示回数が減っており(掲載順位もなぜか下に下に落ちている)、このペースで行くと来月中には表示回数はゼロになるかなと思っています。

表示回数がゼロになるということは、httpsに完全に引き継がれたことを意味するだろうと思います。

おわりに

とりあえず実際に起った事実をありのままにまとめました。

「Google社が推し進める対応をしたら検索エンジンに表示されなくなった」…という本末転倒な目には遭いたくないところなので、今回のSearch Consoleが示す結果がどう影響するか、そこらへん分かり次第また対応したいと思います。

「https化(SSL対応)」というSEO施策に対する個人的見解

https対応をしたことで元のhttpのページのインデックス登録が除外され、結果的に検索エンジンでの表示が減る…というプロセスから、サイトへのアクセス数に(悪い意味で)影響が出てくる可能性は十分にあると考える。

しかし、それは初動から数日(長くても数週間)の話で、httpsのサイトが認識されてからは掲載順位が上昇するなどの恩恵が期待できる

http→httpsによるページ価値の初期化はおそらくされてなさそうなため(自身のBloggerサイトでの解釈)、後々https化しようと考えているなら、できるだけ早く対応したほうが得をすると考える。

とはいえ相手はシステムのため、https化による損害(アクセス数の低下など)が恒常的になり得る(アクセス数が落ちたまま一向に改善されない)可能性があることも多少覚悟しないといけない。後々大きなペナルティを受けること必至なhttpアドレスを保持するのとどっちがいいかは、各自天秤にかけて欲しい。

Bloggerのhttps化に気づいたきっかけは「いらすとや」

かわいいフリー素材集 いらすとや」の存在を知り、早速画像のフルサイズをダウンロードしようと開いた時のウェブアイコンがBlogger(オレンジの背景に白で「B」)であることから「このサイト、もしくは画像のUP先はBlogger使ってるのか」と思ったのがすべてのきっかけです。

※関連記事
【リンク】ネットでよく見かけるかわいいイラストを公開するサイトがやっと見つかった

そして同時に、「Bloggerを使っていて、独自ドメインであるにも関わらずアドレスがhttpsとなっている」と気づきました。

もしやと思いBloggerの設定画面にアクセスすると、独自ドメインでもhttpsに変更できるようになっていた…という。

気づけてラッキー、もう「いらすとやサマサマ」です(笑)

参考サイト

SSL/TLSってなんだろう?- SSL/TLS総合解説サイト
ウェブサイトの運営に欠かせないSSL。「SSLって何?」「SSLの役割」「SSLのメリットと効果」「SSLの種類」など、わかりやすくマンガで解説いたします。

SSL対応に関する基礎知識ページ。


では~

コメント