スポンサーリンク

【うんちく】カゼ引いたから、私はバカじゃないこと確定?→No

こんばんは~

 この季節の変わり目というタイミングで風邪を引いてしまいました…

 普段極力飲まないようにしていた風邪薬を飲んだりして、徐々に快方に向かっている気はするのですが、完治は早くても明後日くらいかなと感じています。

 「バカは風邪引かない」と言うし、バカじゃないことが分かって朗報だなー(せめてものポジティブシンキング)^^

 …

「バカは風邪引かない」のルーツ(由来)は…?

 で、ふと思ったわけです。

 「バカは風邪引かない」ってどういう理屈なんだろうか…と。

 よく、「俺風邪引いたわ」という会話にありがちな返しとして、「お前バカな癖に風邪引くかよ」みたいなのがありますが、一体誰が言い出したのか、布団にくるまっているのも飽きてきたので…とはいえあまり頭使うこともできそうにないので、今日はこれを調べて終わり、ってすることにしました。

調べる前に自説を数点

自説1:勉強はできないが元気で体力がある人のことを「バカ」と定義した

自説2:医学的に「風邪を引いた状態」であることを(バカ)は自覚しない(できない)から

自説3:勉強はできるが風邪を引いた人の(バカに対する)ひがみ

 思い浮かぶ理屈としてはこれくらいでしょうか。

 どちらにしろ、「医学的、学術的観点からそれが証明されてる」なんてことは無いだろうと…

スポンサーリンク

ググった結果

 信憑性が低そうなソースがバンバン出て来る中(キュレーションサイト系が大半…)、一番最初に目を引いたのは「馬鹿は風邪を引かない」という記事がWikipediaにあることでした。

馬鹿は風邪を引かない - Wikipedia

『「馬鹿」と呼ばれる人間の鈍感さを「風邪を引いても、その症状を自覚しないほど」とたとえて言ったもの』

 これは自説2に近いですね。それにしても江戸時代からこれに近いワードが出回っていたようですが、なかなか歴史を感じます。やっぱりこのオチなのでしょうか。

別観点から見た意見

 Wikipedia含む複数のサイトから「学術的な解釈としては…」のあとに続く文章を紐解くと、だいたい以下のような論法から「バカは風邪を引かない」という結論にたどり着いているようです:

 風邪を引いてしまう状態というのは、「免疫力が低下している状態」ということ

→免疫力が低下しやすい傾向にある人として、「ストレスを感じやすい人」が挙げられる

→「ストレスを感じやすい人」は一般的に「神経質な人」が挙げられる

→「神経質な人」はいろいろなことを考える

→いろいろなことを考える人は「バカ」ではない

「バカ」ではない人は風邪を引きやすい

よって、バカは風邪を引きにくい(≒風邪を引かない)(対偶)

 この論法だと、バカ=ストレスを感じないという論理が真である必要がありますが、多くの人が想像する「バカ」な人は…まあ確かにストレスフリーな性格をしていると思いたくなるような気がするのもなんとなく分かる気がします。

一応結論

・私はバカ(ストレス耐性の強い人)になりたい

・「バカは風邪を引かない」は神経質な人に使ったら面倒なことになりそう

 私は今後自分にしか使わないようにしようと思います(笑)

余談

前兆は月曜から

 日曜深夜、ふと目が覚めた時、下唇が尋常なく腫れ上がっていることに気づきました。ついでに喉も詰まっている感じでおかしい。

 最初は「なんかよく分からんけど食べ物が当たったのだろう」くらいで安静に過ごすことにしました。

 結局予定していたジムは行かずおとなしく過ごすことにしましたが、寝る前洗面所で歯を磨いて口をゆすいだ時になかなかの量の血が一緒にでました。おそらく風邪とは関係ないと思いますが…

 火曜日も喉が少し違和感がある程度(痰ができやすい状態)で、ほぼ完治したかなと思い、夜までいろいろと作業をしてました。

 その結果、本日(水曜日)完全に風邪の症状が露呈してきました。喉から肺?にかけて炎症を思わせる違和感があるのと、鼻水が止まらない(鼻づまり)の2点セットです。

 やっぱりなんかいつもと違うな…と思ったら早めに手を打ったほうがいいですね。

 一応対策として風邪薬を飲み、加湿器を稼働させることにしました。

治りが悪い!

 とはいえ、安静にしてたら若い時ならもう少しはやく回復したと思うのですが…日曜からスタートと考えると、日に日に悪化しているところに年齢を感じさせられます。

ジム行きたい

 早く治して最初にしたいと思うのはジムでトレーニングすることです。最後に行ったのは日曜なのでもう3日経過…

 たぶん明日も大事を取って見送りにする予定なので最速で中4日になりそうです…中4日は行き始めてから最長タイのような気がします。

会社員のときにはなかった思考

 序盤に「バカでないことが分かって良かった」なんて書いてますが、会社員時代は絶対そういう発想は思い浮かばなかったと思います。

 思い浮かんだとしても、それを完全に否定するだけの罵倒が頭に浮かんでいたでしょう…

 それだけ、思考が変わった、思考って変えられるんだな~とふと感じました。

では~

コラム
スポンサーリンク
booboomasaをフォローする
スポンサーリンク
booboomasa.com

コメント